外壁塗装について初めて学んだ

結果的に、2週間以上かかっても仕方がないでしょう

そろそろ外壁塗装をしようかと考えていました / 外壁塗装の中で、比較的大変と感じたのは部屋の窓を開けることができないこと / 結果的に、2週間以上かかっても仕方がないでしょう

ちょうどその時期は、7月ごろだったため、梅雨の時期と言えるかもしれません。
しかも雨は3日連続こともありましたので、予定よりも3日以上長く工事が続きました。
結果的に、完成したのは3日遅れで2週間以上かかったことになります。
丁寧に見ていくと、確かにそれぐらいの時間がかかっても仕方のないことばかりです。
例えば、説明を受けたときのことを思い出すと塗装を3回塗ると言われていました。
これがペンキを塗る場合と少し異なるかもしれません。
最初に下塗りを行い、塗料をなじませるようにするわけです。
そしてその後中塗りを行い最後に上塗りを行う流れになります。
それぞれ1日で終わらない可能性もあり、下塗りで二日間かかってしまうとすればそれだけで6日間ほどかかってしまう計算になるわけです。
そうすると、当然ながら工事の期間は2週間ぐらいになることがわかるでしょう。
確かに塗料を塗ることが重要ですが、それ以外にも下地処理やマスキングそして最後の完成したときの手直しなども行うわけです。
結果的に、2週間以上かかっても仕方がないでしょう。

本日11月16日いいいろ塗装の日に因み、「いい塗装」関連のCMなどどうぞ📺https://t.co/kkVjsVADUD
冬の外壁塗装の山田孝之、頑張る染谷将太,広瀬アリス,麻生久美子に励まされる ジョージアhttps://t.co/eP1gbiy4qz
嵐のメンバーが塗装された、大野智デザインのJAL FLY to 2020 特別塗装機登場。

— kooss公式 編集室(run) (@jfifdecoder) November 15, 2021